研修医の資産運用についてーつみたてNISA編

M.A

研修医の資産運用シリーズとしての第2弾はつみたてNISAです。こちらの制度は聞いたことがない人も多いかもしれません。

つみたてNISAに関しては投資の要素が入ってくるためふるさと納税ほど明確にお得な制度ではありません。ただこちらもふるさと納税と同様に国が行っている制度なので悪質なものではありませんし、私も使っており、使うことをおすすめします。つみたてNISAに興味がある人、まだやっていない人はぜひ読んでみてください。

スポンサーリンク

つみたてNISAとは

つみたてNISAとはすごい簡単に説明すると、毎月一定の金額だけ投資信託という商品を購入するものです。

この購入した投資信託の価格が上昇するとその部分が利益となります。そしてこの利益が非課税であるというのがこのつみたてNISAというシステムです。

こちらの金融庁のホームページに概要が書いてあります。

つみたてNISAの概要 : 金融庁
つみたてNISAのしくみや投資について基本から解説します。まずはつみたてNISAの全体像を把握することからスタートしましょう。

上記のホームページにも書いてありますが、細かく説明すると

  • 決められた投資信託のみ購入可能
  • 毎年40万円まで(自分で決めれます。)
  • 20年間まで非課税
  • 2037年まで購入可能

といった内容になっています。最初にも書きましたが配当や値段が上昇することによる利益が出れば非課税なので得ということですね。ただ当然投資を行うわけなので当然損してしまう可能性もあります。

しかし、私がなぜこれをおすすめするかというと、銀行に預けているだけでは基本的に利子は年間多くて0.1%とかですが、つみたてNISAを用いると銀行に預けるよりお金を増やすことができる可能性が高くなるからです。

つみたてNISAの始め方

ここではつみたてNISAの始め方を簡単に解説します。

証券会社を選ぼう

つみたてNISAを始めるためにはまずは証券会社の口座を作る必要があります。いわゆる株を購入したりするための口座ですね。

私は楽天証券を使用していますが、SBI証券なども人気の口座だと思います。他にも色々な証券会社があります。

証券会社の違いとしては取り扱っている商品が異なります。つみたてNISAは投資信託を選択するためここは会社によって変わってしまします。ただ基本的にはどの証券会社も似たような商品があるのでそこまで問題ないかと思います。

投資信託について

証券会社を選んだ後は購入する商品を選びます。商品には色々なものがあり日経平均株価に連動するものや全米株式に連動しているものなどがあります。

投資信託は種類によってこの連動している指数や手数料などが異なります。個人的には全米株式に連動している手数料が安いものがおすすめです。

私がつみたてNISAで購入しているのはeMAXIS Slim 米国株式(S&P 500)という投資信託です。楽天証券では現在一番人気のある投資信託のようです。こちらはアメリカのS&P500という指数に連動しており、手数料は0.09%とかなり低いものになっています。

設定をしてしまえば後は自動的に毎月一定の金額が購入されます。

なぜ私が楽天証券を利用しているか

私はふるさと納税なども楽天市場でしています。楽天証券は利用すると楽天市場でのお買い物が1%ポイントアップします。さらに投資信託の購入にもポイントが付きます。これらの点から私は楽天証券を選択しました。しかしここら辺は難しいので良く調べてみるといいと思います。

NISAについて

ここまでつみたてNISAを紹介してきましたが、似たような制度でNISAという制度もあります。こちらも細かいことは金融庁のホームページに書いてあります。

NISAの概要 : 金融庁
NISA(少額投資非課税制度)のしくみや投資について基本から解説します。まずはNISAの全体像を把握することからスタートしましょう。

簡単に説明すると

  • 年間120万円まで購入可能
  • 株式なども購入可能
  • 5年間の利益が非課税

つみたてNISAと似ているようで似ていない制度ですね。完全に投資となるためつみたてNISAとは違って下手にやると損をすると思います。投資に慣れていない人にはお勧めしません。

つみたてNISAのまとめ

この記事ではつみたてNISAの簡単な説明をしてきました。ドルコスト平均法というようですが比較的安全な投資手法となるので投資の初心者にはお勧めですね。銀行に預けているよりかはいいかなと思い私も始めてみました。

果たして利益が出ているのかと思う方もいるかと思いますが私は偶然にも開始した時期がコロナで株式がかなり下がっている時だったのでそこそこ増えています。成績が気になる人は値動き(チャート)が必ず表示されているので確認してみるといいと思います。

つみたてNISAは国が作った制度です。そして多くの人が購入しているであろう楽天証券で一番人気のeMAXIS Slim 米国株式(S&P 500)を購入して入れば基本的には間違いないと思います。少し投資に興味は持っているけど怖いというような人には最初の一歩としてお勧めです。

皆さんもつみたてNISAをぜひ始めてみてください。

ちなみに資産運用第一弾のふるさと納税についてこちらにまとめているのでこちらも読んで見てください。つみたてNISAは少しリスクがありますが、ふるさと納税に関しては絶対に利用するべき制度です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました